メニュー

ダイエットには植物性プロテイン!?動物性プロテインとの違いとは

ダイエットには植物性プロテイン!?動物性プロテインとの違いとは

投稿者

プロテインには、大きく分けると植物性と動物性の2種類があります。

ダイエットには植物性プロテインの方がいいと知っていましたか?

プロテインのダイエット効果とは

プロテインというのは、筋肉を付けるのに効果的な補助食品で、食事だけでは補給できない質の高いタンパク質を効果的に摂取することができます。

最近話題になっているプロテインダイエットですが、どうしてプロテインがダイエットに効果があるのかよくわからないという人もいるかもしれません。

プロテインというのは、タンパク質のことで、タンパク質は筋肉量を増やす働きをもっています。

 

この筋肉量とダイエットには非常に密接な関係があり、基礎代謝を高めることが、健康的に痩せるためには大変重要なことです。

基礎代謝は、何もしなくても消費されるエネルギーの量のことですから、この基礎代謝がアップすることで、脂肪を燃焼しやすくなり、痩せやすく太りにくい体質にすることができます。

 

筋肉というのは、タンパク質でできていますから、タンパク質であるプロテインを摂取することで、必然的に筋肉量も増え、基礎代謝もアップすることができ、ダイエットにつながります。

 

動物性プロテインとは?

動物性プロテインは、動物由来のものを原料としたもので、肉や卵、魚、牛乳を使用したものとなっていますが、ほとんどは牛乳ががメインとなっています。

牛乳でできているため、液体に溶けやすく、飲みやすいというメリットがあります。

動物性プロテインは、筋肉を合成する必須アミノ酸を豊富に含んでいるため、筋肉を付けるのには最適と言われていますし、体重も増やす効果がありますから、ウェイトアップに効果的といわれています。

ただ、筋肉が非常に落ちやすく、脂肪になりやすいというデメリットがあります。

ただ、筋肉というのは、脂肪になりやすいため、過剰摂取してしまうと肥満の原因になってしまいますから、コントロールを誤ってしまうと、太りやすいというデメリットがあります。

そのため、きれいに痩せたいという場合には、必ずしも向いているとはいえません。

 

動物性プロテインは、瞬発力を必要とするようなアスリートやボディビルダーが好んで摂取しているプロテインで、植物性に比べると、消化吸収も速く、迅速なエネルギー補給が必要な場合にも、最適なものといえます。

 

植物性プロテインとは?

植物性プロテインは、大豆を原料としたもので、牛乳を原料としている動物性に比べると、液体に溶けにくく粉っぽさを感じるというのも特徴となっています。

特徴としては、筋肉が付くスピードは動物性に比べると劣りますが、いったん筋肉になると定着しやすいといえます。

また、消化吸収に時間がかかってしまうというデメリットがありますが、逆に言えば腹持ちが良いということですから、ダイエットには効果的ともいえます。

 

美容業界では、「食べる補正下着」とも呼ばれるほど重宝されているもので、モデルや芸能人も積極的に摂取している人も少なくありません。

 

植物性プロテインは、植物由来の成分が豊富に含まれていますから、動物性に比べると体への負担も少なく、高い抗酸化力を持つイソフラボンやサポニンなどの成分が、体の免疫力や代謝の活性化を期待することができます。

植物性プロテインは、脂肪燃焼効果も高く、腹持ちが良いという点から、ダイエット中の健康補助食品としても利用することができ、胃腸への負担を軽減させるという効果もあります。

ダイエットにより効果的なプロテインというと、植物性プロテインで、欧米化の進む現代の日本人の食事は、植物性の食品の摂取量が少なくなってきていますから、足りない栄養素を補うという意味でも、植物性プロテインがおすすめといえます。

これからプロテインダイエットを始めようと思っている人は、それぞれの違いを知った上で、自分にあったものを選ぶことをおすすめします!

投稿者

この記事を書いた人



カテゴリー

プロテインダイエット, プロテイン基礎知識

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です