メニュー

wpiとwpcのプロテインの違いについて!どう違うのか?

wpiとwpcのプロテインの違いについて!どう違うのか?

投稿者

wpiとwpcのプロテインの違いについて!どう違うのか?

wpiとwpcのプロテインの違いについて具体的に知りたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。プロテインを見ていると、これらがよく目に付くと思いますが、具体的にどのように違いがあるのか知らない方も多いでしょう。

プロテイン
同じメーカーで同じ量が入っているのにもかかわらず、値段が違うので、どう違うか知っておく必要があります。これらの違いですが、ざっくりいうと、たんぱく質の含有量、そして値段などが大きく異なると言えるでしょう。
たんぱく質の含有量は、wpiとwpcのプロテインでは、wpiの方が多くなっていて、wpcは80%程度であるのに対して、wpiは90%以上になります。その代わり、比較すると値段も高くなっているというのが特徴です。

この特徴はwpiとwpcの製法が異なっていることから生じます。プロテインの製法(ホエイプロテインの場合)というのは、牛乳からたんぱくを分離・精製することで作ることができますが、この精製方法によってwpiと呼ばれたりwpcと呼ばれたりします。この精製方法において、wpi製法のほうがwpc製法よりも、より濃くたんぱく質を精製できる方法となっています。そのため、wpiのほうがたんぱく質の含有量がwpcよりも高いんです。

wpiのほうがたんぱく質の純度を濃くしている精製方法であるため、wpiは、乳糖・ビタミン・カルシウムをはじめとしたその他の栄養素がほとんどカットされているのに対し、wpcは乳糖が含まれているという違いもあります。

wpiとwpcのプロテインの使い方の分け方とは

wpiとwpcのプロテインは、このように、値段や、そのたんぱく質の含有量などが変わってきて、乳糖がカットされているかどうかなどの違いがあると言えるでしょう。
しかし、これらは、いったいどのような目的で使い分ければいいの?と疑問を感じている方も居るのではないでしょうか。

悩む
実は、これは、一概にどちらがおすすめであるかどうかというのは言えません。どちらのプロテインも、実は時間と目的などによって使い分けるということが必要であると言えるでしょう。
含有量や値段に差があると言っても、それほど差は大きくないため、乳糖でお腹を壊しやすいという人以外は、wpcでも問題は全くありません。
さらに、値段は、少しでも安いのがいいというのであれば、wpcの方がおすすめであると言えるでしょう。さらに、減量中で、余計な脂質や糖質などの成分をできるだけ取りたくないというのであれば、できればwpiのプロテインの方が良いと言えるでしょう。(「たんぱく質を濃く精製する=コストがかかっている」ため、wpiの値段の方がwpcよりも高いんですね)

使い分け方法とまとめ

このように、プロテインのwpiとwpcには違いがありますが、自信の状況に合わせて選ぶことが必要であると言えるでしょう。
他のプロテインよりも吸収が早く、そして、筋トレ直後にも速攻で吸収したいという場合には、wpiが良いと言えますし、値段のことを考えて見たり、どちらでも良いだろうという場合には、wpcでも問題はありません。

納得
しかし、お腹がごろごろしてしまいがちな方や、乳糖不耐症の方などは、wpiにしておいた方が良いと言えますし、余計な糖分などを撮りたくない方の場合にも、wpiが適していると言えるでしょう。
しかし、反対にタンパク質以外の栄養分もまんべんなく欲しいという場合や、カロリー制限をしていないという場合には、wpcの方が適していると言えます。
しかし、どちらにしても、飲んでみる分には、それほど効果自体に差を感じることはないといえます。含まれている量に大差はないため、少量ならどちらでも良いと言えるでしょう。

 

投稿者

この記事を書いた人



カテゴリー

プロテイン基礎知識, プロテイン種類