メニュー

【比較】どれがいいの?海外製プロテインの特徴まとめ

【比較】どれがいいの?海外製プロテインの特徴まとめ

投稿者

いざ海外製のプロテインを購入しようにも、どれがいいのかわからないですよね?

代表的な海外製プロテインの特徴をご紹介します!

最近人気の海外製プロテインの特徴紹介

最近、プロテインダイエットのようにプロテインを使用してダイエット効果を得られる減量法などが注目されています。

現在、様々なプロテインなどが販売されていて、海外製のプロテインはフレーバーも豊富でリーズナブルに購入できるなどの点で人気があります。

そこで、減量にもおすすめの海外製のプロテインの特徴やなどについて比較してみたいと思います。

 

チャンピオンパフォーマンスピュアホエイプラス

まず、海外製のプロテインの代表格ともいえる製品がチャンピオンパフォーマンス ピュアホエイプラス プロテインスタックです。

このプロテインは、1食あたりのたんぱく質含有量が22gで、130kcal、飲んだ人は「激ウマプロテインだった」という口コミのあるプロテインです。

チャンピオンパフォーマンス ピュアホエイプラス プロテインスタックは牛乳成分から作られるホエイプロテインで、たんぱく質とカロリーも多く含んでいて、グルタミンも配合されています。

グルタミンの働きで筋肉分解を防いで、たくさん筋肉を付ける効果が期待できるのです。

クッキー&クリーム、ストロベリーなどフレーバーが人気でおいしいプロテインです。

 

マッスルファームコンバットパウダー

また、マッスルファーム コンバットパウダー100%ホエイプロテインは、1食でたんぱく質が25g、カロリーは140kcalとなっています。

このプロテインはたんぱく質含有量が25gと最高レベルのプロテインで、最大8時間もの間たんぱく質を筋肉に供給することができ、味もクッキークリーム風味はおいしいという声があります。

 

オプチマムニュートリション

オプチマムニュートリション パフォーマンスホエイは1食あたりのたんぱく質含有量が22g、160カロリーとなっています。

チョコレート シェイク味がおいしく飲みやすく、グルタミンとグルタミン酸やBCAAも同時に摂取できるホエイプロテインになり、飲みやすい味と溶けやすさが人気があります。

オプチマムニュートリション ゴールドスタンダード100%カゼインは、1食あたりのたんぱく質含有量が24g、120カロリーとなっています。

クリーミーバニラはまるでシェイクのように飲めておいしく、100%カゼインやビタミン類、カルシウム、鉄もバランスよく配合されているカゼインプロテインです。

寝ている間に効果的に筋肉にアミノ酸供給をおこなってくれます。

オプチマムニュートリション プラチナム ハイドロホエイは、1食あたりのたんぱく質含有量が30g、140カロリーとなっています。

チョコレート味が人気の高いこのプロテインは、1食当たりのたんぱく質の量が30gと突出しているともいえます。

たんぱく質とBCAAが多く含まれていて、吸収スピードも速く、トレーニング直後に摂取したいひとに特におすすめです。

チョコレート味なので飲みやすくておいしいプロテインです。

 

シンサ6プロテイン

シンサ6 プロテインは、1食あたりのたんぱく質含有量が22g、150カロリーとなっています。

チョコレート味で飲みやすいと評判のこのプロテインは、必須アミノ酸や必須脂肪酸も配合され、アスリートも愛用する高機能プロテインです。

消化スピードが違うプロテインを配合して、アミノ酸レベルの長時間維持を図っています。

「僕が今まで飲んできたプロテインの中で一番美味しかったです」という声もあって、美味しく続けられる飲みやすいプロテインで、ダイエットをしたい人も注目です。

 

海外製プロテインを選ぶときのポイント

海外製プロテインを選ぶ時には、含まれているたんぱく質の量やカロリーで比較してみて、味なども口コミを参考にして選ぶということが大きなポイントといえます。

海外製のプロテインはおいしく減量できて、リーズナブルな価格のものも多く販売されています。

プロテインダイエットのように減量効果があったりするので、もっと筋肉をつけたいという人やダイエットを行って減量をしたいという人などにとてもおすすめです!

投稿者

この記事を書いた人



カテゴリー

プロテイン基礎知識, プロテイン種類