メニュー

高校生がプロテインを飲むことで起こってしまう弊害とは?!

高校生がプロテインを飲むことで起こってしまう弊害とは?!

投稿者

高校生がプロテインを飲むこと

中学生、高校生でも、「身体を大きくしたい」「筋肉を付けたい」という方は多いのではないでしょうか。そういったお子さんが居る家庭では、我が子に筋肉を付けさせてやりたいだとか、立派に成長をしてもらいたいという風に考えるのが親心であると言えます。そこで、保護者の関心を今集めているのが、プロテインであると言えるでしょう。

高校生イメージ
プロテインは、タンパク質を補給することが出来、スポーツやトレーニングの際に飲むことで、筋肉を増強する効果があることでも知られています。栄養が足りていない場合、これらの栄養を補給することができ、確実に身体を大きくしたいときにもおすすめです。
しかし、高校生がプロテインを飲むことによって、色々な弊害が現れるといわれています。それはいったいどういった弊害なのでしょうか。
まず考えられる弊害として、たとえばプロテインを取りすぎてしまうと、肝臓の作業量が増え、弊害が出てしまう可能性があるといわれています。

高校生はプロテインはいらない?

プロテインをたくさん摂取すると、それだけ肝臓に負担がかかってしまいますので、成長期の方が摂取すると、身体にとって良くない弊害が起きる可能性があります。
特に、肝臓の不調は、身体の状態において、大きく影響する場合もありますので、成長期にたくさん摂取しすぎるのは危険であると言えるでしょう。

悩む
今の時代は、飽食の時代であるとも言われています。このため、プロテインに頼らなくても、3食規則正しい食事を心がけ、まめに栄養を摂取することで十分栄養は補うことが出来ると言えるでしょう。
さらに、プロテインを取っていたからといって、上質な睡眠がとれていなかったり、不規則な生活である場合には、あまり意味がありません。まずは規則正しい生活をして、しっかりと睡眠を取ってみる、そして成長ホルモンの分泌を促すということが非常に重要であると言えるでしょう。
成長期の高校生だからこそ、プロテインに頼る前に、生活を見直すことで、改善することが出来るのです。

プロテインは、上質なタンパク質

プロテインというと、筋肉増強剤のように思われてしまっていると思いますし、実際にそういったイメージで考えている方も多いでしょう。
しかし、プロテインは、こういった魔法のようなサプリメントではなく、あくまでも上質なタンパク質に過ぎません。
このため、トレーニングをしなかったり、あるいは規則正しい生活をしなければ、せっかくプロテインを摂取したとしても効果がなかったりすることがほとんどです。
さらにプロテインを摂取することで、普段の食生活がおざなりになってしまうようでは本末転倒になってしまいます。

プロテイン摂取
このため、規則正しい食生活をするということを習慣づけるためにも、高校生の方はプロテインよりも、毎日の食事を見直すことが必要であると言えるでしょう。
まずは、自然の食物から、タンパク質をとってみることがおすすめです。タンパク質の含有量が多い食物を、意識して摂取することで、筋肉はついてくるといえます。
あくまでもプロテインは成人後のトレーニングの補給と考えておきましょう。

投稿者

この記事を書いた人



カテゴリー

その他