メニュー

効果的に筋肉増強を図るのにおすすめの方法について知ろう!

効果的に筋肉増強を図るのにおすすめの方法について知ろう!

投稿者

効果的な筋肉増強方法について

筋肥大を図りたいという場合でも、筋肉は一朝一夕で身につくというものではないといえますが、できるだけ短期間で筋肉を増強するコツを意識することで、筋トレの効果がより高まるといえます。そのようなコツを意識すると、普通に筋トレを行うよりもずっと早いスピードで筋肉を増やすことができるといわれています。

筋トレ
筋トレは多く行って、長く行えばより効果的に筋肉を付けることができると思う人もいるかもしれませんが、基本的には筋トレを短時間行うのが一番筋肥大という点で効果的だといわれているのです。そのため、中上級者トレーニーになると、筋肉をつけたいという場合には短時間で筋トレを行うことが重要と知っているのです。
短時間の筋トレを行うと、速筋という肥大化した筋肉がつきやすいのです。より効果的に筋肥大を図りたいという場合にはプロテインを摂取することが推奨されます。ホエイプロテインというプロテインは筋肉増強効果をもっていて、効果的なタイミングで摂取することでプロテインを摂取しない場合に比べて筋肉の形成をより活発化してくれます。
効果的に筋肉を付けたいという場合には、BIG3の筋トレやインナーマッスルの筋トレを行うことがおすすめです。

BIG3の筋トレについて

筋力トレーニングには様々なメニューがありますが、多すぎてどれからスタートしたらいいのかと思っている人もいるのではないでしょうか。そんな時には、デッドリフトとスクワット、ベンチプレスの3種目をしてみましょう。

これらの種目は筋トレBIG3と呼ばれて、筋トレをするには外せない種目といわれているのです。しっかりとトレーニングを続けていって理想の筋肉美を手に入れたいですよね。

デッドリフト
まず、デッドリフトは公背筋や背筋、僧帽筋や下半身といった様々な部位を鍛えることができるトレーニングです。

そして、スクワットは、全身に負荷を与えるトレーニングですので、効率的かつ短期間で、ももやふくらはぎをはじめ、体幹や腹筋、背筋といった多くの場所を鍛えることができるトレーニングです。

スクワット

スクワットが終わった後は、エネルギーが全て使われてしまったような疲れがあるでしょう。それだけしっかりとトレーニングができているということなのです。
ベンチプレスをする時には、グリップはバーの目印を基準にして肩幅より少し広めにします。そして、バーを下ろす位置は肩の近くでなくて、胸の下部のあたりにします。胸につける必要はなく、肘が90°に曲がるということを意識して行います。プロテインもきちんと摂取をしておくようにしましょう。

ベンチプレス

インナーマッスルの鍛え方

インナーマッスルは身体の奥にある深層筋のことです。インナーマッスルは身体機能にも大きな影響を与える最も重要な筋肉と言われます。インナーマッスルは普通の筋トレと異なったトレーニング方法で鍛えていきます。

インナーマッスルはアウターマッスルとは異なり、あまり負担をかけずにトレーニングをしていきます。また、インナーマッスルトレーニングは疲れるまで行わず、トレーニング間隔は短めにします。

インナーマッスル
インナーマッスルに効果的なトレーニングとしてプランクが挙げられます。このトレーニングで鍛えられるのはお腹や肩、背中やお尻や太ももになります。

プランクを正しく行う方法は、まずうつ伏せになって転がります。次に肘とつま先を肩幅に開き、身体を支えます。その時、体が一直線になるようにしょう。そのままの状態で30秒〜1分います。インターバルを30秒はさんで2セット目を同じ動作を行って、もう1セットしましょう。
プランクトレーニングでは30秒〜1分のトレーニングを3セット行います。そして、インナーマッスルが効果的に鍛えられるために、必ずインターバルを挟むようにします。
このようにしてインナーマッスルを鍛えることができます。トレーニングを行うにはプロテインを飲んでおくとより効率的に全体的に筋肉を鍛えられます。

投稿者

この記事を書いた人



カテゴリー

その他