メニュー

ジュニアプロテインランキングTOP5決定版!

ジュニアプロテインランキングTOP5決定版!

投稿者

第1位 ザバス ジュニアプロテイン ココア味

 

 

 

総合評価 ★★★★★
コストパフォーマンス ★★★★☆
溶けやすさ ★★★★☆
おいしさ ★★★★☆

 

このプロテインの特徴

  • 子どもに人気の甘いココア味
  • 2杯で1日分の栄養素に!
  • ビタミン・ミネラルもバランスよく配合

 

第1位はプロテインメーカーで有名なザバス(SAVAS)のジュニアプロテイン ココア味。

味・価格・栄養バランス共にパーフェクトということで1位となりました。

味は子どもからも人気のあるココア味。甘すぎるという声もあったので、

甘い味が苦手だと合わないかもしれません。

プロテインとしては栄養バランスに優れており、主にビタミン、ミネラルが豊富。

コストパフォーマンスもとても良く、大変多くの方に選ばれているジュニアプロテインです。

 

第2位 ザバス ジュニアプロテイン マスカット風味

 

 

 

総合評価 ★★★★☆
コストパフォーマンス ★★★★☆
溶けやすさ ★★★★☆
おいしさ ★★★☆☆

 

このプロテインの特徴

  • ジュースのような爽やかなマスカット味
  • 水でも美味しく飲めるプロテイン
  • 2杯で1日分の栄養素に!

2位もザバス(SAVAS)のジュニアプロテインとなりました。

こちらはなんと珍しいマスカット味!スポーツドリンクのような風味で、

プロテイン独特の味が苦手な子にはおススメです。

気になる栄養素ですが、ココア味と比較してみると75%もカルシウムが落ちてしまいます。

しかし、他の商品と比較すると総合的に優れているプロテインなので、2位にランクインしました。

水で十分おいしく飲めるので、牛乳が苦手な子にはいいかもしれません。

 

 

 

第3位  ケンタイ(Kentai) ジュニアプロテイン グレープ風味

 

 

総合評価 ★★★★☆
コストパフォーマンス ★★★☆☆
溶けやすさ ★★★☆☆
おいしさ ★★★☆☆

 

このプロテインの特徴

  • 栄養素の種類が豊富
  • 水でもおいしく飲めるプロテイン
  • ホエイ×カゼイン×大豆プロテイン配合

ケンタイから発売されているジュニアプロテインの特徴は、ずばり栄養素が豊富。

ビタミン・ミネラルが11種も配合されています。

また大豆とホエイ、カゼインの3種類のプロテインを配合し、吸収率が高いです。

味も子どもから大人気のグレープ味で、水でも美味しく飲めます。

しかし、「溶けにくい」「粉っぽい」という口コミが多いと感じました。

 

 

第4位 ウイダー ジュニアプロテイン ココア味

 

 

総合評価 ★★★☆☆
コストパフォーマンス ★★★★☆
溶けやすさ ★★★★☆
おいしさ ★★★★★

 

このプロテインの特徴

  • たんぱく質が多い
  • 森永のココアを使用している
  • 栄養素バランス抜群

ウイダーからもジュニアプロテインが販売されています。

こちらのジュニアプロテインはココア味なのですが、なんと森永のココアを使用しており、

子ども達からはとても好評の味となっています。

栄養素ですが、たんぱく質は8.4gと申し分ないのですが、他メーカーでよく配合されているビタミンCやEが配合されていません。

味や溶けやすさを重視するならばこのプロテインをおススメします。

 

 

第4位 ウイダー(weider) ジュニアプロテイン ヨーグルト味


 

総合評価 ★★★☆☆
コストパフォーマンス ★★★★☆
溶けやすさ ★★★★☆
おいしさ ★★★☆☆

 

このプロテインの特徴

  • 人口甘味料不使用
  • バランスのいい栄養素
  • 牛乳でかなり美味しく飲める

こちらも子どもから人気の高いヨーグルト味。

牛乳で飲むと美味しく、かなり飲みやすくなるという口コミが多かったです。

また、人工甘味料を使用していないため、大人でもダイエット目的で飲む方が多いようです。

栄養素はココア味とほぼ変わりません。

ジュニアプロテインと大人用のプロテインの違いとは??

ジュニアプロテインと大人用プロテインの違いですが、

大きく違うのが「栄養バランス」です。

大人用プロテインは筋肉をつけたり、運動のパフォーマンスを高めるために補給するものであり、

たんぱく質が多く含まれています。

それに比べて子供用プロテインは成長期に必要な栄養素(カルシウムやビタミンB群等)を多く含み、栄養バランスを重視した物となっています。

 

ジュニアプロテインは何歳から??

ジュニアプロテインは幼稚園児未満の子供が飲むと、栄養摂取過多となったしまいます。

ですので、ジュニアプロテインは小学生・中学生の年齢のお子様におススメです。

また、高校生以上だと栄養素の量が欠けてしまう恐れがあります。

高校生以上でプロテインを飲みたいという方は、一般的なプロテインをおすすめします。

ジュニアプロテインに副作用ってあるの??

気になるジュニアプロテインの副作用ですが、食事の量が普段から多い子が摂取すると肥満の原因になる恐れがあります。

お子さんの健康状態や体の発育状態に合わせて、本当にジュニアプロテインが必要なのかどうかを判断してあげることが良いと思います。

また寝る前にジュニアプロテインを飲むと、体の成長が促進されると勘違いして、寝る前に飲ませている人もいるかと思いますが、

夕食でしっかり栄養補給ができていれば飲ませる必要がありません。

また、「小さい子がプロテインを飲んだら筋肉が沢山付いてしまうのでは?」という声もあるのですが、

成長期の子がジュニアプロテインを摂取しても、ボディービルダーのように筋肉が沢山付くことはありません。

筋肉はただプロテインを飲むだけでは、つきません。

計画的な運動を行ってつくものなので、プロテインを飲んだからといってボディビルダーのような体系にはなりませんのでご安心下さい。

身長が伸びない、体型が細い(太れない)のは、遺伝などが要因の場合もありますが、運動量に対して食事量が足りていないのかもしれません。まずは食事の量とバランスを見直してみて、合わせてプロテインを活用していきましょう。
子供の肥満のキッカケや原因になりますので、過剰摂取には注意しましょう

ジュニアプロテインで身長は伸びる??

身長が伸びないのは遺伝によって左右される要素が強いです。

しかし、運動量に対して栄養素が足りないことが原因になっていることがあります。

その場合はプロテイン摂取することで、解決する場合があります。

規則正しい私生活、食生活、バランスの良い食事を心がけ、栄養素が不足しないように心がけましょう。

さらに手軽に補食をとりたい場合は、栄養素の種類豊富なジュニアプロテイン+牛乳を利用すると良いでしょう。

投稿者

この記事を書いた人



カテゴリー

プロテインランキング