メニュー

高たんぱく低カロリー!たんぱく質を多く含む食品について

高たんぱく低カロリー!たんぱく質を多く含む食品について

投稿者

たんぱく質ってなんで体に必要なのでしょう

ダイエットの基本は「高たんぱく低カロリー」と聞いたことはありませんか?
でも、実際にたんぱく質って体の中でどんな働きをしているか知らないと言う方も多いと思います。

たんぱく質は、簡単に言うと体そのものと言っても過言ではないくらい必要な栄養素です。

健康
筋肉や内臓、骨、皮膚、血液などの組織を作ったり、代謝の調節機能をつかさどるインスリンや免疫の抗体など、体のありとあらゆる部分がこのたんぱく質からできているのです。
体の中の働きとして
・体の組織や血液・酵素・抗体・ホルモンを作る原料になる
・体の中でエネルギーとして使われる
・血液を常に弱アルカリ性に保つ働きがある
といった、体にとって必要不可欠な栄養と言うのは解っていただけたと思います。

では、なぜたんぱく質がダイエットに必要なのでしょうか?
それは、単純に体重だけ落とすだけならたんぱく質は必要ありません。
しかし、たんぱく質を取らないと、リバウンドしやすい体になるばかりではなく痩せずらい体になってしまうからです。
たんぱく質は筋肉の主成分ですから、筋肉を適度につける事によって、美しいボディラインを作り出す事や代謝が上がる事によって痩せやすい体を作ることができるのです。
ボディビルダーのみなさんは、筋肉をつけるためにプロテインをとっていますよね。
そのプロテインは日本語に訳すると「たんぱく質」なのです。

たんぱく質を多く含む食品とは

たんぱく質には良質な物とそうでないものがあります。
「アミノ酸」という言葉は聞いたことがあると思いますが、たんぱく質はこのアミノ酸が沢山集まってできた物なのです。
その中でも、人間の体の中で作ることのできないアミノ酸があります。これらは必須アミノ酸と呼ばれ、食事からとる必要があるのです。
この必須アミノ酸を多く含む良質なたんぱく質をスコア化した物が「アミノ酸スコア」と呼ばれています。
食品
代表的な物として
【卵】
【魚介類ではアジ・サケ・マグロ】
【肉では牛肉・豚肉・鶏肉】
【乳製品では牛乳・チーズ】
【大豆製品】
これらは、アミノ酸スコアは100とされており、体内に入った場合たんぱく質の利用効率が高い物とされています。
逆に穀類の米やうどん、野菜などのアミノ酸スコアは低く、体内にこれらの食品が入った場合でもうまく利用されない事が解っています。

ダイエットに必要なたんぱく質でもやみくもにたんぱく質含有量を調べて摂取するのではなく、利用効率がいい食品を選ぶ事と様々な食品を組み合わせる事により、相乗効果がうまれバランスがよくなります。
色々な食品からたんぱく質を摂取することが望ましいですが、ダイエットを長続きさせるためにプロテインからたんぱく質を摂取して、効率よく体内に取り入れる方もいます。

たんぱく質をただ摂取するだけでは駄目!?

良質なたんぱく質がダイエットに不可欠ではありますが、ただ、良質なたんぱく質を摂取するだけでは、逆効果になったりするのも覚えておいてください。
というもの、たんぱく質自体は1gで4kcalの熱量があり、普段は皮膚や髪の毛、筋肉になる材料として使われるのですが、摂取しすぎると単純にカロリーオーバーになって太ってしまう事もあるのです。

走る
なぜ、高たんぱく質がダイエットによいかと言うと、食事制限だけのダイエットを行う事により脂肪も減りますが、筋肉も落ちてしまいます。
筋トレなど、運動を合わせて行う事により筋肉量は変わらずに脂肪だけおち、体のラインが美しくなるのです。このため、高たんぱく質、低カロリーが良いとされているのです。

またアミノ酸スコアが高くても、単一の食品ばかりに頼るのは他の栄養素とのバランスが崩れてしまう事もあるので注意が必要です。
自分に必要なたんぱく質の量は、簡単に言うと1Kgあたり1gとされていますので
50kgの方は50gとなります。
ただ、ダイエットをしていて、運動を沢山する方や、体を使った仕事をされている方はもっと多く摂取することになります。
毎日こんなに多くのたんぱく質を取りつつ、低カロリーに保つのはなかなか難しいと言う方はプロテインを利用してみても良いと思います。

投稿者

この記事を書いた人



カテゴリー

プロテイン基礎知識

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。