メニュー

パウダープロテインの嬉しい効果とは?!知れば知るほど利用したくなるパウダープロテイン

パウダープロテインの嬉しい効果とは?!知れば知るほど利用したくなるパウダープロテイン

投稿者

今では、プロテイン(サプリメント)という言葉を聞いたことがない人は、おそらくほとんど居ないのではないでしょうか?そのぐらい、プロテインは市民権を得ているサプリメントの1つと言えます。

日常的に運動量の多いアスリートや、筋トレをしている人達のみならず、ダイエットをしているような一般の方にも、幅広く服用されています。

筋肉を中心として身体は、基本的にタンパク質で構成されているので、常にタンパク質を補充する必要があるのですが、食事からだけでは、そのタンパク質の補充が足りないことが多くなっています。それを効率よく行うことが、プロテインの服用によって可能になるのです。

1・パウダープロテインの特徴

ホエイプロテイン

一般的に、プロテインと言えば、粉末状になっているパウダープロテインを指すことが多く、それを水や牛乳などに溶かして服用します。

ただ、一言でパウダープロテインと言っても、大別して3種類あります。それぞれホエイプロテイン・カゼインプロテイン・大豆プロテインのことです。

ホエイプロテインは、牛乳の乳清(ヨーグルトなどの液状の上澄み部分)と呼ばれる成分から作られ、他のプロテインより口当たりが良く、飲みやすくなっています。また、消化吸収に優れています。今では、多くの方がこのホエイプロテインを利用しています

カゼインプロテインは、ホエイプロテインと同じく、牛乳に含まれるカゼインタンパクから作られます。一方、ホエイプロテインの場合は、逆にこのカゼインタンパクが含まれていません。

カゼインプロテインは、消化吸収にかなりの時間が必要です。価格面では、ホエイプロテインと比較して高くなっています。

大豆(ソイ)プロテインは、大豆に含まれるタンパク質を原料とし、上記2種類の動物性プロテインと違い、植物性プロテインという特徴があります。

また、大豆イソフラボンを含むので、女性ホルモン的効果が出やすくなります。消化吸収面では、ホエイプロテインとカゼインプロテインの中間と言えるでしょう。価格面ではホエイプロテインより更に安いものも多くあります。

 

2・パウダープロテインの効果

上記の代表的な3種類のパウダープロテインそれぞれに、それぞれ特有の効果があります。

ホエイプロテインは、消化吸収に優れている(2時間以内)ので、運動やトレーニングの前後に服用すると、非常に効果的です。ただ、消化が良いので、エネルギーに変換されやすいという弱点もありますので、その点は注意が必要です。

カゼイプロテインは、ホエイプロテインより消化吸収が良くない(8時間前後必要)ため、運動の直前直後より、睡眠中にタンパク質を補充したい場合などに用いるのが効果的です。

一方で、エネルギーとして消化されることはほとんどないので、体内でタンパク質として、そのまま利用されやすい性質があります。特に睡眠中にプロテインを体内に補充したい場合に効果的です。

大豆プロテインは、植物性プロテインのため、プロテイン成分の補充としては効率が悪く、大豆イソフラボンの女性ホルモン様効果で、筋肉が付きづらいという特徴があります。

消化吸収も遅いので、女性がダイエット目的で使用するのには効果的と言えます。

 

3・パウダープロテインの人気商品

興味が出て来た方もいらっしゃるはずですから、具体的にパウダープロテインの人気商品を挙げて紹介してみたいと思います。

◯ゴールドジム・ホエイプロテイン
ジム経営で知られる、ゴールドジムが販売している、高タンパク低脂肪のホエイプロテインです。カフェオレ・ストロベリー・ヨーグルト風味・バニラ風味・チョコレート風味など、服用しやすい味が付いています。

◯ウィダー・マッスルフィットプロテイン
こちらも人気メーカーの商品です。ホエイとカゼインの2種類のプロテインを配合し、両者の強みを活かすプロテインです。ココア味とバニラ味があり、こちらも飲みやすくなっています。

◯ザバス ホエイプロテイン100・ソイプロテイン100
こちらも人気メーカーのザバスからでている商品です。共に飲みやすく、また溶けやすいという特長があります。

ソイプロテインはココア味のみですが、ホエイプロテインは、ココア味の他、バニラ味、グレープフルーツ風味、ヨーグルト風味、アセロラ風味など多岐にわたります。

 

4・パウダープロテインのまとめ

人間のアクティブな活動に重要なプロテイン成分ですが、やはり基本は食生活にありますので、パウダーサプリメントの服用は、あくまでサプリメント=(不足分の)補充という意識が重要です。

また、パウダーサプリメントには、複数の種類があると共に、それぞれの特長がありますので、利用目的によって使い分けたり併用したりすることも必要になってきます。

投稿者

この記事を書いた人



カテゴリー

プロテイン効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。