メニュー

主要なプロテインと含まれている成分を一挙公開!

主要なプロテインと含まれている成分を一挙公開!

投稿者

プロテインの種類について、ホエイプロテイン

現在、様々なプロテインが市場に出ています。その中には様々な成分があって、メインのプロテイン成分にはいくつか種類があります。そこで、プロテインの成分についてご紹介してみたいと思います。
プロテインの成分でよく知られている成分は、ホエイプロテインという成分ではないでしょうか。この成分はプロテインの王様的な成分で、プロテインと言えばホエイプロテインのことをイメージする人も多くいる成分です。

ホエイ

吸収率がとにかく早くて2時間くらいで吸収されます。ホエイプロテインは、運動や筋トレを行っている人に最も多く飲まれている成分といわれていて、筋肥大を図りたい人のための成分ともいえます。
ホエイプロテインをとると、効果的に筋肉をビルドアップでき、その原料はホエイという牛乳からカゼインや乳脂肪分など取り除いた液体である乳清なのです。この成分は、筋トレ中のパフォーマンスの維持向上や筋肉増強効果などを発揮してくれる成分としてよく知られています。

カゼインプロテインとソイプロテイン

プロテインには長時間のサポートが期待できるカゼインプロテインもあります。カゼインプロテインは、ホエイプロテインと同じように牛乳由来の成分なのですが、体への吸収スピードが違い、ゼインプロテインは6、7時間くらいかけて吸収されます。

カゼイン

ホエイプロテインの3倍くらいの時間をかけてゆっくりと筋肉に栄養を補給するという特徴があって、就寝前に摂取することがおすすめです。ゼインプロテインは、筋肉分解を予防するグルタミンが多く含まれているので、筋肥大よりも筋肉分解抑制効果を期待できます。

ソイプロテイン
植物由来のプロテインというアイソレートによってつくられるのがソイプロテインです。ソイプロテインは大豆から作られており、大豆からアイソレートされることで製品化されているのです。ソイプロテインはカゼインプロテインと同じくらいゆっくりと体内吸収がなされ、減量を効率的に行いたいという人におすすめのプロテインです。食生活の改善が図れて、体調管理という点でもおすすめです。

ビーフプロテイン・エッグプロテイン・ピープロテイン

プロテインには筋肉の働きを向上させるビーフプロテインもあります。ビーフプロテインはゼラチンを原料に作られ、クレアチン量が多くなっています。
クレアチンは多くのアスリートなども活用していて筋肉パワーを高めてくれます。牛乳や卵アレルギーがある人などにおすすめです。

たまご
また、エッグプロテインは卵を原料としたプロテインです。エッグプロテインは卵白からアイソレートされたタンパク質で、日本では値段も高いといわれますが、しかし、吸収が早くて、筋トレ直後に摂取するのがおすすめで、筋肉増強効果などが期待できます。
ピープロテインは植物由来成分、えんどう豆から抽出された成分で.BCAAがとても豊富です。牛乳や卵アレルギーがある人におすすめで、ベジタリアンの人のトレーニングにもおすすめのプロテインです。
ピープロテインはBCAAがとても豊富で、吸収率が100%という高さです。筋肉形成や筋トレ時のパフォーマンスアップや筋肉疲労回復効果などが期待できます。

投稿者

この記事を書いた人



カテゴリー

プロテイン基礎知識

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です