メニュー

プロテインにはタブレット型もあった!?その効果と特徴は?

プロテインにはタブレット型もあった!?その効果と特徴は?

投稿者

タブレット型のプロテイン

筋肉作りや、体作りに欠かせない物と言えば筋トレと合わせて体の内側から筋肉に働きかけてくれるプロテインです。

プロテインといえば粉末で、水や牛乳などで溶かして飲むイメージを持っている方が大半かと思います。

だからこそ面倒だから続かない、飲むタイミングに仕事をしていて難しいと感じている人が多いでしょう。

しかし、プロテインは粉末だけではなくタブレット型もあるのです。

プロテイン タブレット

タブレット型とは錠剤型のことで、持ち運びも簡単ですし、他のサプリメントのように気軽に摂取できるのが特徴といえるでしょう。

成分に関しては大きな違いはありません。

粉末と同じような効果をしっかりと得られることが出来ます。

やはり市販では粉末がまだまだ多いのであまり聞きなれないかもしれませんが、プロテインのタブレット型はどんな物で、どんなメリットやデメリットがあるのか見ていきたいと思います。

タブレット型のメリット

タブレット型プロテインのメリットといえば、やはり最初に挙げられることは飲みやすさと持ち運びやすさです。

時間のない時であれば粉末は作る手間がかかりますし、飲む容器を洗う必要もあります。

タブレット メリット

しかし、タブレット型のプロテインであれば、薬やサプリメントのように飲み込むだけなので、時間がない時にでもすぐに飲むことができます。

持ち運びも便利なので仕事の時でも出張や旅行にも持ち運びでき、軽いので荷物も少なく済みます。

プロテイン 外出中

また粉末であれば一回の飲む量をしっかり測って飲まなくてはいけませんが、タブレットは一日の用量が決まっているので何錠かを一日に自分の好きな量に分けて飲むことができます。

また粉末同様に筋力増加の効果を得ることができます

粉末と同様に間食にのめば、腹持ちを良くしてくれるという置き換え効果も得ることができるので、粉末同様ダイエットにも向いてるでしょう。

タブレット型のデメリット

タブレット型プロテインのデメリットといえば、商品数が少ないことです。

まだまだ市販での販売が少なく、商品数が少ないのでインターネットで調べて購入する方法になります。

ただインターネット販売であれば値段の比較ができるので、実物を見ることはできませんが大きなデメリットではないでしょう。

タブレット デメリット

もう一つのデメリットは、1粒当たりのたんぱく質含有量が粉末に比べるとタブレット型は少ないことです。

粉末タイプと同じたんぱく質を摂取しようとすると、かなりの量を飲まなくてはいけません。

タブレット デメリット

それ以外の成分に関しては同じですが、ガッツリとたんぱく質を摂取したい人には向いていないかもしれません。

また、粉末に比べるとタブレットの方が吸収が遅いので、効果を得るには少し早い時間から計算して飲む必要があります。

タブレット型が向いている人

タブレット型のプロテインのメリットやデメリットを見てきましたが、合わせて考えてみるとどんな人がタブレットタイプに向いているのでしょうか。

タブレット型は持ち運びが楽なので、合宿や遠征、出張や旅行など出先でのプロテイン摂取を必要としている人に向いているでしょう。

そのため粉末と併用して飲むことも可能です。

プロテイン 併用

また、粉末タイプが苦手な人でも簡単に飲むことができますし、味のことを考えなくていいので、プロテインを始めたいという初心者にも向いていると言えます。

形状は異なるものの、粉末とタブレットでは効果の大きな違いはありません。

飲むタイミングはトレーニング前後や食前、間食など粉末同様のタイミングで1、2時間くらい早めに飲めば効果を得ることができます。

ダイエットにも筋力増加にもどちらにも使用でき、飲むタイミングを臨機応変に変えることもできる非常に使い勝手が良いのがタブレットタイプです。

投稿者

この記事を書いた人



カテゴリー

プロテイン種類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です